エロチャでイメプエッチ

会社の先輩、美人だけど性格が男っぽいせいか独身、彼氏なしのR先輩とはよくフザケ合っていました。下ネタもバンバン出すし、完全に地元の男友達感覚でした。それがある日、ふたりで居酒屋で飲んでいたときのことです。いつものようにイメージプレイ(エロネタ)の流れになりました。設定は、ミーティングに遅刻してきた僕を先輩が会議室に呼び出し、お仕置きをする・・・といったありがちなもの。それを僕がいかに先輩に対して面白くいやらしく返しができるかといういわゆる試されているわけです。その日は、少しビールの量が多かったのか、先輩にいつものキレがありませんでした。いつもはドSの顔で僕をイジるR先輩が女の顔をしていたのです。「どうして遅れたの?」「どこへ行ってたの?はっきり言いなさい」先輩のプレイが始まります。「いえ、あの・・・すみません」僕も先輩に合わせます。「言えないようなことをしてたの?ふーん・・・」R先輩がトロンとした目で僕を見つめています。僕の太腿辺りを先輩の手が撫で始めました。いつもはこの程度で終了。しかしそのときは違いました。「じゃあお仕置きしなくちゃねー」R先輩はそういうとズボンの上から僕の股間を指でなぞっていきます。たちまちアレが固くなっていきます。「あっ、先輩、ダメです」「じゃあ何をしていたのか言いなさい」「い、言えません」こうなったらイメプで終わらせません。僕は先輩を店から連れ出し、ラブホテルへ。そのまま先輩のアソコに僕のモノを突っ込んでやりました。それからもR先輩とは会社でイメプエッチを楽しんでいます。